検索
  • a.z.yogastudio

シャバーサナ

 ゲスト様から「初めてレッスンを受けた時に、最後に寝る時間の長さにビックリしました」と聞きました。「寝る時間?」確かに、ちゃんと「シャバーサナ」の説明はしていなかったです。

 シャバーサナはサンスクリット語で「屍(しかばね)」を意味する「シャバ」とポーズを意味する「アーサナ」との組み合わせた言葉になります。

ただ仰向けになって、何もしないで寝ているわけではありません。

すべてを手放す

すべての身体の力を手放す

身体と精神を手放す

身体と思考は手放す状態でリラックスしているが、意識はしっかりと持って、寝てしまうものではありません。意識も持ってあとは全ての力を抜いていきます。

その中で自分の身体や心がどう感じているのか、ちゃんと意識化していることで、自分の身体と心を自分のものにすることができます。

しかし、すべての力を意識して抜くことは難しいので、とりあえず、この時間だけでも自分を休ませてあげましょう。

効果は・・・

リラックスなどの精神面

疲労回復など肉体的回復

効果はたくさんあるので、興味があれば調べてみてください。

 当スタジオでは、シャバーサナがなければその日のヨガの効果は半減すると考える重要なアーサナと考えています。最低でも約7分、長くて約10分のシャバーサナの時間をとっています。そのため1Class 75分のレッスン時間としています。

 ティンシャが2回響いた時、「屍」の身体は「新しい身体」に変わっています。

「意識を戻して、足首をゆっくりと動かして、次は手首、最後は頭をゆっくりと左右に動かして・・・」 新しい身体と思えば一連の動作の理解がわかりますよね。

 ゲスト様が最後にスッキリとした感覚になれば、それはシャバーサナの恩恵と身体と心も抜くことができたからだと思います。 

シャンティ・シャンティ・シャンティ





16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示